Home    黒川能   松崎   その他いろいろ    次へ



松崎便り

- 4 -


2009年9月6-9日


その1

蔵つくり・ピカ市・松崎の町並み





筆者の松崎への旅は、大抵この駅から始まる。




伊豆急の蓮台寺駅。
ここから松崎まで、バスで約40分。

9月6日、筆者は5:30頃起床、
最寄り駅から井の頭線に乗り、JR山手線に乗り継いで品川へ。
品川から、東海道新幹線。
熱海から伊東線〜伊豆急で、蓮台寺へ。

そして蓮台寺からバスに乗り、11:00頃、松崎に到着。
作業現場から山本さんが車で飛んで来て下さった。

久しぶりに蔵と再会!
5月下旬の滞在が最後だったから…約3ヶ月ぶり。
手前の柱にもなまこがのって、
もう完成間近、というところかな〜…







(↓)今日の作業のために漆喰を作る蔵つくり隊の隊員たち。
木陰のため、影で少々見づらい写真だが…






森さん(写真左端でクワを持つ女性)は、
しっかり腰が入り、膝の使い方もマスターし、
漆喰作りの達人となっていた。

左官職人の中村さんから、「嫁にほしい」とのラブ・コール。
(注:森さんはも中村さんも既婚者です、念のため。)






左右の「恵振り」部分には葡萄の漆喰鏝絵。
(左の方は見えづらくて失礼!)

葡萄の裏側の面には龍が来る予定だそうだ。


…さて、9月6日は、
松崎の港で「ピカ市」が開催されているとのことだった。

昼食の後、
森さん・鈴木さんに誘われ、
皆さんから「行ってきてもいいよ」とお許しを頂き、
3人で、ピカ市見学へ。







松崎のページでは、
ついつい蔵や棚田ばかり紹介してきているが、
松崎は港町である。

上は、森さん(左)と鈴木さん(右)。







(↑)これがピカ市。

色々な人が色々なものを持ち寄って店を出している。







(↑)…こんなものも出ている。
筆者は黄色いスプレー缶(?)のようなものが何なのか分からないが、
鈴木さんの説明によると、
シラミ駆除のために使ったものらしい。

ライブもやっていた。





道を挟んで倉庫側にもお客さんたち(↑)。
演奏に聞き入っている。

筆者を含めた3人は、
このタイプの音楽に興味がなかったようで、
聞き入ることはなく、
あちこちのお店を物色。

筆者は古布の藍染のテーブルセンターが気に入り、
森さんはどうしても金魚がすくいたい。

しかし、森さんも筆者も、財布を持参してこなかった。

…親切な鈴木さんは、
気持ちよく、貸してくださった…。







並みの子供以上に熱心に、歓声を上げつつ金魚をすくう森さん。

4匹ゲット。

そして、蔵つくり現場に戻る。


以下は、現場に戻る途中で撮った写真。
松崎は、こういう町です!







(↑)これはピカ市を出て、すぐのところ。
車の後ろに見える赤(朱?)の屋根の建物は、もと旅館で、
以前『つぐみ』という映画の撮影に使われたとのこと。







(↑)海の神様を祭る瀬崎稲荷。







(↑)船だまり。







町並みに、なまこがしっくり溶け込んで…







(↑)この蔵も、筆者のお気に入りの一つ。







(↑)ところどころ、なまこがいるのが分かるでしょうか?

町中なまこだらけになったら
どんなにステキだろう!…と空想に耽り、
幸せな気分になる筆者。


…そんな空想に浸っている間に、作業現場に到着。
サボってしまってすみませんでした〜…







(↑)熱心に、作業。
今回は、もう、なまこの最終仕上げ。
素人がもりあげたなまこを、
二人のプロが手直しして下さる。

その「二人のプロ」とは、
写真左端、白いシャツに白いタオルを頭に巻いた中村氏と、
その隣、赤シャツに身を包んだ高橋氏。

右端の黒っぽいシャツは、
筆者は今回初めてお会いした、調理師さんの深沢氏。







懸命に作業する森さん。

そこへ…

いつのまにか作業場から姿を消していた調理師さんの深沢氏が、
美味しい「ゆうじゃ」を持って来てくれた!






「ゆうじゃ」とは、松崎語で「おやつ」のこと。
深沢さんの持って来てくれたゆうじゃは、中華おこわのおにぎり!
そして、冷たいお茶の差し入れも!

日照りの強い、暑い日だったので、ありがたい〜!
中華おこわも、ほんのり甘く、美味。
ご馳走様でした〜!

昼食に、しっかり一人前のお弁当を食べて、尚且つ
おこわのおにぎりを2個、
ペロリと食べてしまう自分が恐ろしい…


ゆうじゃの後も、しばらく作業。
筆者も頑張った。
いくつかのなまこを注意深く盛り上げ、
中村氏が最後の仕上げをして下さった。

「よく出来ているから、仕上げもやりやすい」…なんて、
お褒めのお言葉も!

お世辞でも、嬉しいです。


…そうして、4時過ぎに、本日の作業終了。







上が、今回の作業メンバー。
左から、左官職人の中村さん、高校生のあきほちゃん、
隊員の細田さん、高柳さん、左官職人の高橋さん、
そして隊員の鈴木さん、森さん、山本さん。


作業の後、筆者を宿泊施設まで送ってくださった山本さん。
その前に…







昼食のお弁当の箱を返却。
ここのお弁当、美味しいです。
いつも、作業場でお昼を頂く時、御飯があったかくて、ツヤツヤ。
出来立てを届けてくれる。


…太陽の下、大汗をかいたので、
山本さん・森さんとも一度帰宅し、一風呂浴びて、6時半に落ち合うことに。
一緒に「松翠」というお店で夕食。



山本さんが注文した地魚丼。 筆者が注文したとろろ蕎麦と茶碗蒸し。




食事の後は、
筆者が今回泊まった宿泊施設のロビーで、
松崎について語り合う。
お二人とも、
心底松崎を愛している。

松崎も、幸せ者だ。







…そこで、ふと考える。
筆者は自分の故郷を愛しているか?

…愛しているとは、いえないなあ…
別に、東京のために何かしたいとも思わないし。

第2の故郷、第3の故郷といえる町や村の方に、
ずーっと強く愛着を感じている。

…これでいいのか?


…まあ、そのことは追々考えるとしよう。







上は今回筆者が泊まった町営宿泊施設の部屋。
シングル・ルームが存在しないようで、
平日は、こうしたツイン・ルームを一人客に使わせてくれる。
ラジオ体操をしても、十分空間に余裕があります。

最上階には広々と海を見渡せる温泉もある。
太陽が沈む頃に入ると、
海と空がだんだんと茜色に染まっていくのが見られて、
気持ちがいい。
早朝も気持ちがいい。



次のページでは、漆喰鏝絵の修行風景と、
岩地のペンギン、棚田の様々な米などをご紹介。




2009年9月14日作成

Home    黒川能    松崎    その他いろいろ    次へ